session
セッション詳細

通信業界向け

通信業界におけるデジタルトランスフォーメーション

セッション概要

通信業界もデジタルトランスフォーメーションに向けた動きが具体的に始まっています。
このセッションでは、オープンソースソフトウェアが牽引する通信業界の国内外先進事例やトレンドをご紹介します。また、各セッション後にはQ&Aを設けますので、抱えおられる課題や疑問・ご要望などお気軽にご質問いただき、通信業界に携わる聴講者の皆様との情報交換の場として、ぜひ本セッションをご活用下さい!
(同時通訳付き)



•グローバルセッション
「Containers in Telco – a viewpoint」
グローバルでもコンテナは注目されており、新規サービス開発のSOE領域だけではなく、SOR領域やネットワーク領域での利用検討が進んでいます。このセッションでは、GlobalのSolution Architectが来日し、コンテナ利用のグローバルのトレンドとユースケースをご紹介します。


•Q&Aセッション

•ジャパンセッション
「クラウドネイティブサービスを取り込むキャリアエッジPaaS実現への挑戦」

現在クラウドで提供される多種多様なサービスの中には、キャリアネットワークのユーザに近い位置に置いて提供することで、低遅延・広帯域を実現しユーザ体験を高められるものが多くあります。我々はその実現に向けて、クラウドネイティブな柔軟性を持つPaaS基盤をキャリアネットワーク内に実現することを目指し、OpenShiftを活用したPoCによる技術実証を推進しています。本セッションではその取り組みについてご紹介します。


•Q&Aセッション
通信業界専任のエンジニアが来日しておりますので、この機会にお気軽にご質問いただき
本セッションをご参加者との情報交換の場としてぜひご活用下さい。

※本セッションは、定員を超えるお申込みがあった場合、エンドユーザ様を優先させていただきます。予めご了承ください。

【こんな方にお勧め】

【キーワード】

  • ビジネス・イノベーションの創出
  • 新技術・製品に関する知識・活用方法の習得

倉橋 利幸 氏

日本電信電話株式会社 NTT ネットワーク基盤技術研究所

主任研究員 ネットワークアーキテクチャ技術革新SEプロジェクト

講演者プロフィール

1997年 日本電信電話株式会社入社。
Webアプリケーションシステムの企画・開発を経験した後、
次世代ネットワーク(NGN)のサーバ系開発に長年従事。
近年は、将来の通信ネットワーク方式の研究開発に従事し、
ソフトウェア制御やDevOps等のクラウドネイティブ技術を
取り込んだPoC実証を推進している。

長滝 信彦

レッドハット株式会社

プロダクトソリューション本部 シニアビジネスディベロップメントマネージャー

講演者プロフィール

日本と米国の通信事業者、外資ネットワークベンダーを経て、現職。
長年、エンジニア、アーキテクトとしてネットワークに携わる。

ネットワーク技術のソフトウェア化が進んできたため、現在は
Ansible/OpenShift/OpenStackを軸としたオープンソース技術
によるデジタルイノベーションの提案を推進。

Azhar Sayeed

Red Hat

通信業界担当チーフアーキテクト

講演者プロフィール

ネットワーク、通信、およびソフトウェア業界における25年以上の経験を生かし、Red Hat Inc.の通信業界チーフアーキテクトとして、グローバルの通信企業と共に、新しいアーキテクチャの定義や、クラウドおよび仮想化のデプロイメントモデル、ストラテジーの策定を行う。また、OpenDaylightやOPNFVなどのオープンソースコミュニティや業界標準団体へ積極的に参加し、活動の場を拡げる。ネットワークプロトコルの分野で9件の特許を取得し、論文を発表。

Exhibition
展示詳細

OpenStack/クラウド アプリケーションプラットフォーム コンテナ/DevOps オートメーション/マネジメント

16:55~18:30 通信業界におけるデジタルトランスフォーメーション

展示説明

通信業界もデジタルトランスフォーメーションに向けた動きが具体的に始まっています。
このセッションでは、オープンソースソフトウェアが牽引する通信業界の国内外先進事例やトレンドをご紹介します。また、各セッション後にはQ&Aを設けますので、抱えおられる課題や疑問・ご要望などお気軽にご質問いただき、通信業界に携わる聴講者の皆様との情報交換の場として、ぜひ本セッションをご活用下さい!
(同時通訳付き)



•グローバルセッション
「Containers in Telco – a viewpoint」
グローバルでもコンテナは注目されており、新規サービス開発のSOE領域だけではなく、SOR領域やネットワーク領域での利用検討が進んでいます。このセッションでは、GlobalのSolution Architectが来日し、コンテナ利用のグローバルのトレンドとユースケースをご紹介します。


•Q&Aセッション

•ジャパンセッション
「クラウドネイティブサービスを取り込むキャリアエッジPaaS実現への挑戦」

現在クラウドで提供される多種多様なサービスの中には、キャリアネットワークのユーザに近い位置に置いて提供することで、低遅延・広帯域を実現しユーザ体験を高められるものが多くあります。我々はその実現に向けて、クラウドネイティブな柔軟性を持つPaaS基盤をキャリアネットワーク内に実現することを目指し、OpenShiftを活用したPoCによる技術実証を推進しています。本セッションではその取り組みについてご紹介します。


•Q&Aセッション
通信業界専任のエンジニアが来日しておりますので、この機会にお気軽にご質問いただき
本セッションをご参加者との情報交換の場としてぜひご活用下さい。

※本セッションは、定員を超えるお申込みがあった場合、エンドユーザ様を優先させていただきます。予めご了承ください。

日本電信電話株式会社 NTT ネットワーク基盤技術研究所

企業説明

1997年 日本電信電話株式会社入社。
Webアプリケーションシステムの企画・開発を経験した後、
次世代ネットワーク(NGN)のサーバ系開発に長年従事。
近年は、将来の通信ネットワーク方式の研究開発に従事し、
ソフトウェア制御やDevOps等のクラウドネイティブ技術を
取り込んだPoC実証を推進している。

関連情報