session
セッション詳細

CD12

Red Hat OpenStackで実現したDevOps向け開発環境クラウドへの取り組み

セッション概要

NTTコムウェアでは、これまで開発環境の共有化を進め、現在では85%以上のプロジェクトが開発環境クラウド(DevaaS)を利用しています。
この度、DevOps等開発環境への高度な要求に応えるため新たにDevaaS 2.0をリリースしました。
本セッションでは、開発環境の共有化に向けたこれまでの取り組みやRHOSPを採用したDevaaS 2.0のサービス概要やアーキテクチャについてご紹介いたします。

【こんな方にお勧め】

【キーワード】

  • 売上増大への直接的な貢献
  • 業務及びITコストの削減
  • ビジネス・イノベーションの創出

水谷 啓 氏

NTTコムウェア株式会社

ネットワーククラウド事業本部サービスプロバイダ部DevOpsサービスセンタ 担当課長

講演者プロフィール

2004年 NTTコムウェア株式会社入社。
先進技術の検証・導入はもとより、開発・企画組織の運営改革にも従事。
近年は、インフラサービスの企画・構築・運用を担当するとともに、
DevOpS推進の旗振り役としても活躍。
本セッションでも紹介する「開発環境クラウド SmartCloud DevaaS2.0」の要であるOpenStack(RHOSP)基盤のプロジェクトマネージャを務める。

Exhibition
展示詳細

OpenStack/クラウド アプリケーションプラットフォーム コンテナ/DevOps オートメーション/マネジメント

14:00~14:40 Red Hat OpenStackで実現したDevOps向け開発環境クラウドへの取り組み

展示説明

NTTコムウェアでは、これまで開発環境の共有化を進め、現在では85%以上のプロジェクトが開発環境クラウド(DevaaS)を利用しています。
この度、DevOps等開発環境への高度な要求に応えるため新たにDevaaS 2.0をリリースしました。
本セッションでは、開発環境の共有化に向けたこれまでの取り組みやRHOSPを採用したDevaaS 2.0のサービス概要やアーキテクチャについてご紹介いたします。

NTTコムウェア株式会社

企業説明

2004年 NTTコムウェア株式会社入社。
先進技術の検証・導入はもとより、開発・企画組織の運営改革にも従事。
近年は、インフラサービスの企画・構築・運用を担当するとともに、
DevOpS推進の旗振り役としても活躍。
本セッションでも紹介する「開発環境クラウド SmartCloud DevaaS2.0」の要であるOpenStack(RHOSP)基盤のプロジェクトマネージャを務める。

関連情報