CL03

ハイブリッドクラウド時代に活躍するオンプレミスのインフラ環境
〜抽象化、自動化、コンテナ化 コスト削減だけでない三位一体で得られるベネフィットとは〜

セッション概要

仮想化基盤を構築したデータセンタ環境を構築当初と変わらず使い続けていませんか?
デジタルトランスフォーメーション、働き方改革、エンジニア採用の困難などの様々な背景から、IT部門には従来よりも厳しい要求が求められてきています。
インフラ環境の抽象化と自動化を行い、コンテナの活用をオンプレミスとクラウド双方で実現することで、厳しい要求に応える環境を手に入れることが可能です。
デジタルトランスフォーメーションに向けたデータセンタ活用のロードマップを、ハイブリッドクラウドの世界で描きましょう。

  • 既存システムの統合性強化
  • 業務及びITコストの削減
  • 新技術・製品に関する知識・活用方法の習得
講師写真

伊藤 拓矢

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部ソリューションアーキテクト

クラウドソリューションアーキテクト

講演者プロフィール

Web系企業にてインフラエンジニアとしてデータセンタ内のサーバ、ネットワーク、ストレージ等の機器の設計、構築、運用を担う。
大規模OpenStack環境の設計、構築、運用を経験した後、インフラ部門のテクニカルディレクターを経てレッドハット入社
レッドハットではOpenStackをはじめとするクラウドインフラ全般の製品ソリューションアーキテクトを担当しています。