AT06

Ansible から始めるITインフラ業務の自動化、最初の一歩

セッション概要

働き方改革や業務効率化など、次々と新しい課題が組織には与えられ、その達成に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。仮想や物理のサーバーだけでなく、仮想化基盤やクラウド、ネットワーク、ストレージなど多様な環境で発生する業務を効率化するには様々な障壁が存在するためです。
本セッションでは、近年ITインフラ自動化におけるデファクトとも言える Ansible について、概要やユースケースを紹介すると共に、皆様が自動化への最初の一歩を踏み出すための具体的な方法についてお伝えします。

  • システムの性能や信頼性の向上
  • 業務及びITコストの削減
  • 従業員のワークスタイル革新
講師写真

中島 倫明

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部

ソリューションアーキテクト

講演者プロフィール

国内SIerを経て、現在はレッドハットへ勤務。戦略から実装までの幅広く企業システムの自動化やクラウド化の促進を支援。その傍らで大学や研究機関での講師を勤め、クラウド時代のIT人材の育成に尽力する。OpenStackやAnsibleなどのユーザ会のメンバーとして、コミュニティの運営にも参加している。共著で「インフラCI実践ガイド」「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」他数冊を執筆。