AP05

クラウド時代のインテグレーション - アジャイルAPIインテグレーション 概要とユースケース、アプローチ

セッション概要

ビジネスのデジタル化が進む中、テクノロジーやシステムのあり方は多様化しています。企業が持つ既存システムやデータといったデジタル資産を活用しつつ、イノベーションに取り組み、ビジネスの変化に柔軟に対応していくことが企業の競争力を高めることに直結します。本セッションでは、クラウド時代に適したインテグレーションのアプローチをご紹介する予定です。
また、APIを活用することでデジタルビジネスを推進しているウェザーニューズ様と、導入を担当された三菱総研DCS様にもご登壇頂き、API化を進めた背景、APIとコンテナの活用方法、その導入効果についてお話を伺う予定です。

  • ビジネス・イノベーションの創出
  • 既存システムの統合性強化
  • 顧客サービスの質的な向上
講師写真

杉本 拓

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部

シニアソリューションアーキテクト

講演者プロフィール

大手外資系ソフトウェアベンダーにおいて、インテグレーション、アジャイル開発、デジタルマーケティング、コンテンツ管理などの分野でのコンサルティング業務に従事。2016年よりRed Hatにて、アジャイルAPIインテグレーションのソリューションアーキテクトとして、API、分散インテグレーション、コンテナを活用したクラウド時代のインテグレーションのあり方を提案し、導入のための支援を行う。

講師写真

福田 正樹 氏

株式会社ウェザーニューズ

サービスメニュー開発グループ

グループリーダー

講師写真

野口 友幸 氏

三菱総研DCS株式会社

テクノロジー事業本部

技術戦略部 副部長