Public

【公共・自治体向け】デジタルガバメント実現に向けたオープンソース実践

セッション概要

本年6月に、社会全体のデジタル化に向けた「IT新戦略」が閣議決定されました。本セッションでは、内閣官房IT室より「IT新戦略」および「デジタル・ガバメント」が目指す、政府情報システムの在り方についてご講演いただきます。
また、海外を含む先進的な行政システムの取り組みについてご紹介しながら、レッドハットが提唱する「オープンハイブリッドクラウド」という戦略と、行政システムにおける価値についてご紹介いたします。

  • 事例
  • 業界

社会全体を通じたデジタル・ガバメントの推進

セッション概要

今年5月、行政手続の原則オンライン化を定めたデジタル手続法が成立しました。また、6月にはIT新戦略が策定され、「我が国社会全体を通じたデジタル・ガバメント」が大きな柱の一つとして位置付けられています。本セッションでは、これらを踏まえた今後の取組を中心に、健康保険証利用が予定されているマイナンバーカードの普及・利活用方策や、住民に身近な行政サービスを提供する地方自治体のデジタル化についてご紹介します。

尾原 淳之

内閣官房

IT総合戦略室

内閣参事官

講演者プロフィール

95年 総務庁入庁
03年 総務省総合通信基盤局移動通信課課長補佐
09年 内閣官房行政改革推進室
12年 総務大臣秘書官
14年 総務省情報システム室長
17年 船橋市副市長
19年 内閣官房IT総合戦略室参事官

近日公開

デジタル・ガバメントを下支えする、オープンハイブリッドクラウド戦略

セッション概要

今年6月に閣議決定された『デジタル時代の新たな IT 政策大綱』や、2018年に発表された『デジタル・ガバメント実行計画』では、デジタル技術と併せて、政府システムへのクラウド技術の積極的な活用が謳われています。これらを踏まえて弊社が考える公共・行政システムの将来像とそこに求められる技術要素である「オープンハイブリッドクラウド」という考え方についてお話させて頂きます。

松下 悟

レッドハット株式会社

エンタープライズ事業統括本部 公共営業部

部長

講演者プロフィール

外資系ITベンダにてプリセールス、コンサルティング、およびマネジメントを歴任。
2018年7月に Red Hat 入社、公共部門のビジネス開発担当を経て、2019年3月から現職