AP09

クラウドネイティブ時代のApache Camel

セッション概要

Apache Camel は、2007年に誕生した当初から、マイクロサービスによるシステム連携のフレームワークとして進化してきました。クラウドネイティブ時代となった今、その真価が発揮されようとしています。KnativeやQuarkusに対応したサーバーレスアーキテクチャなどの最新情報も含め、Apache Camelの魅力を解説します。

  • クラウドネイティブ
  • デジタルトランスフォーメーション
  • 製品

駒澤 健一郎

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部

アソシエイトプリンシパルソリューションアーキテクト

講演者プロフィール

ミドルウェアを中心にソフトウェア業界でお客様への価値提案を長年続けています。データベース、ビジネスプロセス、システム管理、システム連携等のソフトウェア会社を経て、レッドハットでは主に製造、サービス業のお客様を担当しています。