LS

eラーニング RHLS 4.0に含まれる全コースと試験を紹介〜RHEL8と、OCP4と、Ansibleと!?〜

セッション概要

人生100年設計と言われている中で、ITと企業と自身が何を求め、何を感じ、何の為に、何をするか。ITで活きる人材を育成し『人財』として育てていく為にレッドハットの提供できるラーニングプログラムの価値をご紹介します。ラーニング・トランスフォーメーションとして自社のIT育成と共存を見直すのキッカケになる次世代型eラーニング、RHLSの効果や事例、そして今後のラーニングの潮流、新コース・試験など公開いたします

  • 事例
  • 業界
  • パートナー

松橋 治

レッドハット株式会社

グローバル・ラーニング・サービス

マネージャー

講演者プロフィール

1977年 東京生まれ、青森育ち。卒業後、コンサルタント会社に入社。2002年に独立しGTS inc.を設立。SIer派遣・請負サービスを中心活動。その後、会社を委託しTIBCO Software、webMethodsと外資ベンダーを渡りRed HatにSAとして入社。現在Managerではあるが新しい事好き、提案好きなので常に外出。趣味、光の戦士。