AP06

エンタープライズシステムをクラウドネイティブに導く: OpenShift4最新アップデート

セッション概要

コンテナやクラウドの良さを引き出すためには、クラウドネイティブスタイルへの移行が欠かせません。本セッションでは、OpenShift4が提供するOperatorやサービスメッシュ/サーバーレスの機能を活用してアジリティを向上し、デジタルビジネスに求められるスケーラブルなインテリジェントアプリケーションをスピーディーに展開するための道筋を示します。

  • クラウドネイティブ
  • デジタルトランスフォーメーション
  • 製品

須江 信洋

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部

Associate Principal Solution Architect

講演者プロフィール

Java EE黎明期にいくつかのプロジェクトにアーキテクトとして参画した後、2004年よりエンタープライズ向けJava製品のプリセールスエンジニアとして活動。その後IoTベンチャーにてリアルタイムストリーム処理や機械学習の基盤をコンテナとマイクロサービスを駆使して実装してきた。
2017年4月よりレッドハットにてOpenShift/Kubernetes担当ソリューションアーキテクトとして活動中。