AP20

コンテナで実現するManaged Multi-Cloud Services (MMCS)

セッション概要

DXを実現していくためにはコンテナ技術とクラウドサービスの活用が重要です。
加えて、複数のクラウドサービスを利用すると、どうしても運用や監視、クラウド間連携などを考え無ければなりません。
この面倒な部分をCTCにお任せし、迅速なサービスリリースにだけ注力しませんか?
CTCがコンテナで実現するManaged Multi-Cloud Services (MMCS)についてご説明致します。

  • ハイブリッドクラウド
  • デジタルトランスフォーメーション

一万田 真久 氏

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

フィナンシャルサービス本部 FS営業第3部

部長代行

講演者プロフィール

大手金融機関を中心に、プライベート・パブリッククラウド
システムの導入プロジェクトに数多く参画し、15年以上の経験を有する。直近ではKubernetesやOpenShiftを活用したシステム導入をリード。
現在はコンテナの導入・運用実績を踏まえたサービス企画・立上げを推進。