AP04

オンプレはお荷物でよいのか?令和時代のクラウドに頼らないコンテナ活用術&運用省力化術

セッション概要

コンテナ技術が必要不可欠となる中、OpenShiftはエンタープライズコンテナのデファクトです。異なるプラットフォームによるデータの取り扱い、ネットワーク設計、管理項目の増加等、検討事項が多岐に渡り、適切に進めていかなければ業務負荷がかかります。HPE x Red Hatの実績をベースにコンテナの有効活用&運用省力化を実現する「戦えるオンプレミス基盤」の作り方をご紹介します。

  • ハイブリッドクラウド
  • 自動化
  • クラウドネイティブ

片山 嘉彦 氏

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部 技術本部 コアソリューション部

講演者プロフィール

ハイパーコンバージド/コンポーザルインフラといった次世代インフラ基盤のプリセールスエンジニアを担当しています。
Cloud Native実現に向けたAutomation/Containerをキーワードに、HPE戦略製品を交えたソリューション開発・提案活動に従事しています。