AP03

実は大変なKubernetesの運用
〜海外AIOpsベンダーから学ぶコンテナー運用〜

セッション概要

SIOSが取り組むRed Hat OpenShift関連ソリューション、これらを展開する中で得た知見より今後課題となるポイントを解説
そして、Kubernetesの利用が始まっている海外のAIOpsベンダーがニーズに応じて作成したソリューションを先取りしてご紹介

  • ハイブリッドクラウド
  • クラウドネイティブ
  • デジタルトランスフォーメーション

村田 龍洋 氏

サイオステクノロジー株式会社

イノベーティブソリューション事業企画部

アクティングマネージャー

講演者プロフィール

ハードウェア部門、Linux/OSSサポート部門を経て、事業企画へOSSよろず相談室の企画・運営を経て現在はエンタープライズ向けのOSSサブスクリプション製品(Red Hat, EDB, NGINX)の企画を担当

Matt Provo 氏

Carbon Relay

Co-founder & CEO

講演者プロフィール

Matt Provoは、Apple、ParkedIn、そして現在はCarbonRelay社の創立者兼CEOです。CarbonRelay社は、機械学習と予測分析によってIT運用コストを劇的に削減する画期的なAIテクノロジーを生み出しています。

Ofer Idan 氏

Carbon Relay

VP of AI & Machine Learning

講演者プロフィール

Ofer は、CarbonRelay社におけるAIおよび機械学習担当の副社長です。彼は、イスラエル工科大学で物理学と数学の博士号を取得、 コロンビア大学で生物医学工学の博士号を取得しています。